アロマテラピー関連の情報収集

マガンダン ハポン!(タガログ語でこんにちはの意味です)。

アロマテラピーは身体に対する一種の化学反応になります。精油(エッセンシャルオイル)を構成する芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、心身の疾病の予防や治療を行う。Aromatherapyという言葉は、フランスのガットによって作られたギリシア語からの造語。しかしアロマテラピーのルーツはとても古く紀元前2000年頃にはこれに似た療法があったことも分かっています。現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。心も身体も癒されリフレッシュできるでしょう。


特に呼吸器系の病気にはかなりの効果があることが確認されているので興味のある方は一度試してみるとよいでしょう。アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルは植物から取られるものが多いためその種類は何万種類に及ぶとも言われています。イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。古くから香りと私たちの心には密接な関係があることが分かっているのでアロマテラピーが確立されていったのでしょう。香りを鼻から吸い込むことで呼吸器に働きかけ、またマッサージなどで毛穴から精油を取り込むことで身体全体にその効果をまんえんさせることが出来るのです。


医療的なアロマテラピーは、精油を使用したものに限定される。又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提。フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いもの。目に見える効果ではないのでこの療法が確立されたのは最近のことになります。


日本においても源氏物語の時代から臭いをモチーフにした独特の世界があった事がわかっています。日々の癒しだけでなく病気の治療にも効果があることが分かっているのでかなり奥が深いことが分かります。芳香浴、マッサージ、湿布、アロマバス、内服等の使用方法がある。医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想。日本語では、「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法。