エッセンシャルオイルの働き

mil30014-s.jpg
①生理作用
植物界には、森林の中の一本の木に害虫が付くと、その木がある種の香りの物質を出して警告を発し、それを感知したほかの木が防御体制を整えるといった現象が見られます。香りは情報の伝達物質、あるいは他に行動を促すメッセンジャーといえるでしょう。それぞれのエッセンシャルオイルは鼻から脳下垂体へと伝えられ、様々な生理活性物質を介して、自律神経・内分泌系・免疫系の各システムメッセージを送ります。
<<ここから続く>>
②心理作用
香りは脳の中で記憶を司る海馬というところに伝わります。ある種の香りに出会ったとき、「懐かしい」と感じるのは、脳に香りの情報が記憶されているからです。エッセンシャルオイルの香りには「温かい」「冷たい」「乾いている」「湿っている」「拡がる」「縮む」など様々なイメージをもたらすという報告もあります。
③抗菌作用
植物は病原微生物などから身を守るために自ら抗菌物質を出す能力を授かっているといわれています。エッセンシャルオイルの持つ抗菌力も、香りを空気中に漂わせるだけでブドウ球菌やサルモネラ菌といった細菌や白癬菌やカンジダなどの真菌の発育を完全に阻止できるくらいにきわめて強力です。また抗生物質が効かないウィルス類に対しても抗ウィルス作用があるともいわれています。
④生体リズムの調節作用
人間の様々な身体機能、睡眠やホルモン分泌などは1日、1ヶ月、1年といった周期でリズムを刻んでいます(体内時計)。この体内時計が脳下垂体の付近にあると考えられており、エッセンシャルオイルの香りがそこに及ぶと、乱れたリズムを正常に戻す働きをすると推測されています。