精油の製造方法

04_032.gif
精油はどのようにして作られているのでしょうか?
精油はそれぞれの植物によって抽出方法が異なります。
抽出方法を理解しておくことも精油を扱ううえで大切なことですので、理解しておいたほうがよいと思います。

①水蒸気蒸留法
原料のハーブをそのまま、あるいは砕いて釜に入れて、下から水蒸気を吹き込んで成分を気化上昇させます。この蒸気を管に集めて冷却すると蒸気は液化し、容器に液体がたまります。エッセンシャルオイルは、水の比重より軽いので上澄みとなって浮き、これを集めます。これが精油です。
②圧搾法
スイートオレンジやレモンなど柑橘系のエッセンシャルオイルをつくる方法で、果皮を手や器具で押しつぶして絞り出す方法です。
③溶剤抽出法
バラやジャスミンなどデリケートなエッセンシャルオイルを製造する方法です。まず花の香気をエーテルやヘキサンなどの揮発性溶剤に移行させてから、溶剤を揮発させて取り去るとコンクリートという固形物になります。これをアルコール溶剤で再び溶かして成分を移行させ、溶剤を飛ばして最終的に精油だけを残します。この方法で得られたものをアブソリュートといいます。