アロマテラピー精油の選び方

mil30030-s.jpg質の高いエッセンシャルオイルを使用することがアロマテラピーでは重要なポイントになります。購入する際のチェックポイントは、まず容器。容器については光で変色しないように必ず褐色ガラスびん入りで、さらにスポイト付きであれば、シリコン製を選んでください。次に容器のラベルを読んで以下をチェックしてください。
<<ここから続く>>
①産出国または産出地域
エッセンシャルオイルの原料は天然の植物ですから、その品質の良し悪しは原料となる植物の生育した土地の土壌、水質、太陽光線の量に大きく影響されます。

②原植物名
植物名はその国の地域の俗称で呼ばれることが多く、混乱を避けるために世界共通の学名で表記されています。

③抽出部位
植物は、花部や葉部などその部位によって含有成分が異なります。どの部位から抽出されたかによって同一原料でも品質に差が出ます。

④抽出方法
同じ原料でも抽出方法の違いで呼称を区別しているものがありますので注意してください。

⑤含有成分の品質基準
エッセンシャルオイルは100種類以上の成分を含んでいますので、そのすべてを分析表示するのは不可能です。そこで品質の指標となる成分について含有量をはかり、これを基準としている場合があります。