アロマ資格

アロマセラピストの資格はスクールが有利?

アロマセラピストを目指している方にとって、スクールに通うか独学で学ぼうか、悩みの種だと思います。

各地にスクールがあり、スクールに通った方が受かりやすいのではと思われている方も多いのではないかと思います。噂によると、独学ではセラピストを受講しても落とされる・・という情報が流れているようですが、はっきり言ってガサネタだと思います。

AEAJであれば、認定スクールに行くと二次試験が免除になるなどの特典がある場合があります。またアロマセラピストの場合は症例を30件取らないと認定資格はもらえません。

また30症例の実施というのは思った以上に大変です。
アロマの施術をさせてくれる友人・知人を探すだけでも大変なのに、相手の都合にも合わせなければなりません。

さらに症例には相手に感想を記入してもらうこともしなければならず、そうなってくると如何に友人とはいえ抵抗があるのではないかと思います。

スクールによってはこの30症例を有料で、施術する人を集めてくれるところもあります。すべての認定スクールではありませんが・・・・。

以上ような面で、受かりやすいということになるかもしれません。



アロマの資格について考える

(社)日本アロマ環境協会(AEAJ)のアロマ検定資格試験を受け、合格の通知が来ると一緒に送られてくる書類があります。
その書類には1級の次にその上の資格・アドバイザーの資格を取得してみませんか、というものです。そこで不安になるのが、アドバイザーの資格を取得するのに期限はあるのかどうかということです。多分、資料を読んでも書いてないと思います。不安になりますよね。

また、アロマの資格にも色々あります。AEAJとかJAAとか・・・。
この種類はどのように違うのか、もし職につくならどの資格がいいのかなど、わからないことがいっぱいあると思います。

まず(社)日本アロマ環境協会(AEAJ)1級・2級は会員でなくても受験できますが、それ以上の資格になると会員でないと認定されません。もちろん途中で退会すると、資格もなくなります。

最初の「アドバイザー」。会員になって、アドバイザー講習会を受講し、資格を認定されると、「アロマセラピスト」や「アロマテラピーインストラクター」の受験資格が得られます。アドバイザーにならないと、その上級である2つの資格は 受験できないのです。

アドバイザーの認定講習会は、1級の試験に出たようなことを、より広く、より深くした内容になっています。それに加味して、セラピストやインストラクターはどのような内容で、どのような試験なのか、とか、法律で規制されている事項の説明なども含め、広い範囲を学びます。

1日だけ講習会を受講すればよいので、いつでもいいといえばそうなのですが、できれば1級の試験勉強の記憶が薄れないうちに受講するほうが良いと思います。

協会の会員になるのは、入会金も毎年払う年会費も…と思うと、高いとためらうかもしれません。しかし将来そういう関連の仕事をしたい、もしくは仕事にするかどうかは未定だけれど、趣味としてずっと長く続けていきたいとお考えなら、ぜひアドバイザー以上の資格にチャレンジしてみることをおすすめします。

会員になるメリットとしては、法人会員のショップ・サロン・スクールなどでの割引、イベントやセミナーの参加資格などがあります。

割引率は企業によって異なりますが、例えば「生活の木」では会員カードの提示で、常時 15%オフというスペシャルな特典もあります。さらに協会主催のイベントで、協賛企業のセールもあります。

また年に数回送付されてくる季刊誌や学雑誌などは、実践的な情報もあり、アロマの最新情報を入手できて勉強になります。さらに会員は、HP上で、協会にきている求人情報を見ることができます。

アロマ関連団体は、アロマコーディネーター協会(JAA)やNARDなどいろいろありますが、知識としてのアロマはどこも大きな違いはありません。会員数が多い、検定、組織、学術 という点では、アロマ環境協会がおすすめです。



アロマテラピー検定についての記事紹介

アロマテラピー検定 のことがなんとなく心に引っかかって気になりませんか?。

可能ならアロマテラピースクールを検討してみましょう。アロマテラピーの世界で働くための第一歩となる検定。日本にはアロマセラピーに関する団体がいくつかあります。なにごとも基本が大切。実際は独学の方はテキストのことしか知らない、という印象を受けます。アロマテラピーとは、植物の香りの力などをかりて心や体をより良く回復させ美容や健康増進、健康維持、疲労回復に役立ちます。

受験申し込みもインターネット上から可能で、10代から70代まで幅広い年齢層の方が受験されています。アロマテラピー検定1級の資格を取得することで新たな道、プロフェッショナルな資格取得につなげることができます。実施場所は北は北海道、南は沖縄まで幅広く、各都市の中心部で実施されています。あまりアロマテラピーを実践していない人も多いみたいです。このアロマテラピーは、自分や周りの人と楽しんだり健康維持を用いる知識の検定があり、年2回(5月と11月)に実施されています。アロマテラピーの仕事をしたい方などはチャレンジしてみてはいかがですか?。

受講料も1級・2級同じで6300円(税込み)で同じ日に1級・2級受けることもできます。もちろん資格が欲しいだけなら独学も可能です。検定の合格率も90%と高く、8割正答が合格基準で出題数は1級が60問で2級が50問あります。基礎知識を確実に身につけるなら認定校・認定教室で3ヵ月間程度は学びたい。アロマテラピー検定はスクールで勉強しなくても受験可能ですし、実際、合格している方もいるようです。2級と1級の2レベルがあり、アロマテラピーの利用法や精油の基礎など、健康維持のために用いる知識を試す。

資格取得の方法としては検定テキストを利用し、独学も可能だが、認定校・認定教室で学ぶ方法もある。アロマテラピーは香りを使った癒し法。受験資格に年齢、経験等制限がなくどなたでも何級からでも取得可能なのが魅力ですね。香りを試し、癒され、また人を癒すそんな身体を使ったアロマ体験はとっても貴重です。独自の資格認定がある協会として代表的な団体が社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)、日本アロマコディネーター協会(JAA)、ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)などがあります。そしてその中のいくつかはそれぞれ独自で資格の認定を行っています。


アロマテラピー検定の関連サイト・ブログを紹介します。

アロマテラピー検定1級・2級対応 資格取得サポート ...
名古屋駅から徒歩5分のアロマテラピーサロン&スクール「la paume douce(ラ ポムドゥース)」のホームページです。アロマテラピー検定1級・2級対応!資格取得支援あり。 ... <社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ) アドバイザー認定講習会免除対象 ...
www.lapaumedouce.com/school_b.html

検定コース|アロマテラピー検定留学
そういう観点から考えると漢方薬や薬草、針灸治療、食事療法、アロマセラピー、フラワーエッセンス、ホメオバシーなどがホリスティックセラピーに属すると言えます。 日本でも昔から行われてきた民間療法というのがあります。きっとそれらの方法もホリスティクセ ...
www.uk-aroma.com/aroma.html

アロマ書籍「アロマテラピー検定テキスト2級」の通信販売
アロマの書籍「アロマテラピー検定テキスト 2級」の販売。アロマテラピー検定2級を受検するのに必要な知識がまとめられた日本アロマ環境協会編集・発行のテキスト ... アロマ書籍 アロマテラピー検定テキスト 2級 アロマの本一覧へ戻る アロマ検定一覧へ戻る
www.aromalife.org/book/09-802-9020.html

独学で合格! アロマテラピー検定
アロマテラピー検定の概要や、独学による学習法をご紹介します。検定テキストや問題集の販売も行っています。 ... アロマテラピー検定の概要や学習法をご紹介! 検定テキストの販売も行っています
www.essentialoils.jp

『癒しのお店』アロマテラピー検定テキスト販売
アロマテラピー検定1級テキスト アロマテラピー検定2級テキスト アロマテラピー検定1級精油セット アロマテラピー検定2級精油セット アロマテラピー検定問題集 ... 次回のアロマテラピー検定は11月7日です。 受験要項(受験申込書)の配布を ...
www.heartful-net.com/shop

色彩検定・パーソナルカラー・カラーセラピー・アロマテ ...
色彩検定、パーソナルカラー、カラーセラピー、アロマテラピー検定、オーラソーマ、メディカルハーブの養成スクール色彩カーサ(大阪梅田) ... 色彩検定・パーソナルカラー・カラーセラピー・オーラソーマ 英国資格(取得)・アロマテラピー 検定資格・メディカルハーブ ...
www.iro-iro.com

アロマテラピー検定 パーフェクトセット(日本アロマ ...
アロマテラピー検定(アロマ検定)1、2級テキストと精油、問題集のセットです。独学勉強に最適 ... アロマとヒーリング雑貨の専門店 ? マイアースはあなたの癒しをお手伝いするためのヒーリング サイトです。
store.shopping.yahoo.co.jp/my-earth/

アロマテラピー検定の受験会場|アロマテラピー ...
「アロマテラピー検定の受験会場」のページです。アロマテラピーに関するさまざまな情報をお届けいたします。エッセンシャルオイル(精油)やアロマディフューザーなど、おしゃれなアロマグッズも多数 ...
www.natural-life.net/aroma/lesson/

アロマテラピー検定 販売通販のアロマ専門館
アロマテラピーを目指している方の検定合格の為の教本です。アロマテラピー検定1・2級は誰でも受験が可能。検定1.2級は各々の対象精油の知識とかぎ分け試験が行われます。インストラクターは全30種類の精油が対象となりかぎ分け試験は行われません。各 ...
www.neteseven.com/betu-hon/kn.html

Amazon.co.jp: アロマテラピー検定に合格する ...
商品の説明 出版社/著者からの内容紹介 今注目を集める資格として、若い女性を中心に受験者数が増えつつある「アロマテラピー検定」。アロマテラピーのプロとして「日本で働く、開業する」ためにはぜひとも取得しておきたい資格です。本書は、現役 ...
www.amazon.co.jp/アロマテラピー検定に合格...

アロマテラピー検定 アロマテラピーハウス ブルームーン
社団法人アロマ環境協会のアロマテラピー検定。テキストや問題集、検定用アロマオイルセットなど。 ... <お支払い・送料> 詳細 5千円以上送料無料。 1万円以上送料・代引手数料無料。 代引 配達時クレジット決済
aroma-bluemoon.jp/kentei.html



アロマテラピーの求人の口コミ情報

アロマテラピーの求人 のことを話題にした口コミ情報や関連情報を探してみませんか。

ストレス社会といわれる現在、リラクゼーションへの関心は高まり、アロマセラピストの活躍の場は、専門のアロマトリートメントサロンだけでなく、ホテルやスポーツクラブ、温浴施設など、ますます広がりを見せています。ここでトリートメントを実際に行う仕事があります。日本では精油は天然香料扱いです。つまりアロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)はただ置いて売ればそれでいいというものでは本来ないのです。しかし日本では講師でもアロマセラピストと呼んでいる人もいるようですが、本来はセラピーをする人をアロマセラピストと呼びます。こういう仕事をする人をアロマセラピストといいます。

外国では、国が資格として認めているところもありますが、日本ではアロマセラピスのお仕事アロマセラピストには国家資格、公的資格などはありませんが、人に対してアドバイスや施術をする上で、あやふやな知識や技術ではいけません。つまり適切にお客様に精油のことを説明する必要があるのです。日本におけるアロマテラピーの仕事というのは、セラピー自体(トリートメントやカウンセリング)を行うセラピストの他に、講師というのがあります。アロマトリートメントを行っていればそういう機会が多いものです。さて、ここでも日本における精油の位置付けを知らなくてはなりません。それらの知識を基に、生徒にアロマテラピーを教える。

アロマテラピーの先生ですね。実際にクライアントに接して初めてアロマテラピーがどのように人に影響を与えているのかを実感できるからです。精油の特性を幅広く理解し、人体への影響の仕組み、脳や嗅覚等に関する生理学の知識についても正確に把握していることが要求されます。アロマセラピストとは、精油(エッセンシャルオイル)を利用する際に的確なアドバイスをしたり、様々な種類の精油をブレンドしたアロマオイルを用いてトリートメントをするお仕事です。そこで必要となるのが、アロマテラピーグッズを扱うショップのスタッフです。時々街で見かけるアロマテラピーサロン。

アロマテラピーを勉強すればわかることですが、精油は取り扱いを間違えれば危険です。アロマテラピーというのはれっきとしたセラピーです。それが本来の姿と言えましょう。そういうスクールが私個人としてはオススメです。精油の特性を熟知しているのはもちろんのこと、人体の構造や機能、嗅覚等に関する生理学の知識についても正しく理解していることが求められます。アロマセラピーの正しい知識を身につけるために、また、お客様からの信頼感を得る意味からも資格取得は必須です。