アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史

mil30070-s.jpgアロマテラピーと言う言葉を初めて使ったのはフランスの科学者ガット・フォセで、1928年に「芳香療法」という著書を発表しています。日本では1985年、イギリスのアロマセラピー研究家ロバート・ティスランドの著書「アロマテラピー(芳香療法)の理論と実際」が翻訳されました。

アロマテラピーは比較的歴史の浅い分野と思われがちですが、はるか昔から植物の芳香成分を治療に役立ててきた歴史があります。中国・中東・エジプト・インドではおよそ3000年の歴史を持ち、「医学・薬学の父」と呼ばれる古代ギリシャのヒポクラテスもハーブによる400あまりの処方を記録として残しています。その後も、ハ―バルメディスン(ハーブ医学)は発展を続けました。17世紀にはイギリスのカルペパーやジェラードなど薬草学者が活躍してハーブ医学の黄金時代を迎えたといわれています。しかしその後、科学技術の進歩に伴い天然のハーブの中から目的とする有効成分のみを抽出し、また合成する技術も進んだため、品質管理が難しくコストの高いハーブ医学は、科学技術をバックボーンにした近代医学にその座を奪われてしまいました。そして近年、病気いなってから治療する近代医学の考え方ではなく、正しい日常生活を取り戻して病気にかからないようにする予防医学が見直されてきました。アロマテラピーはストレスなど、目に見えない原因にアプローチすることが可能で、しかも副作用が少ないということで注目をあびてきています。