アロマテラピーとは

アロマテラピーの最新情報

アロマテラピー について世間では色々な情報やうわさが飛び交っていますね。

香りを鼻から吸い込むことで呼吸器に働きかけ、またマッサージなどで毛穴から精油を取り込むことで身体全体にその効果をまんえんさせることが出来るのです。アロマテラピーは身体に対する一種の化学反応になります。日本においても源氏物語の時代から臭いをモチーフにした独特の世界があった事がわかっています。医療的なアロマテラピーは、精油を使用したものに限定される。古くから香りと私たちの心には密接な関係があることが分かっているのでアロマテラピーが確立されていったのでしょう。アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルは植物から取られるものが多いためその種類は何万種類に及ぶとも言われています。

精油(エッセンシャルオイル)を構成する芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、心身の疾病の予防や治療を行う。目に見える効果ではないのでこの療法が確立されたのは最近のことになります。フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。

特に呼吸器系の病気にはかなりの効果があることが確認されているので興味のある方は一度試してみるとよいでしょう。日本語では、「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法。Aromatherapyという言葉は、フランスのガットによって作られたギリシア語からの造語。又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提。芳香浴、マッサージ、湿布、アロマバス、内服等の使用方法がある。

心も身体も癒されリフレッシュできるでしょう。日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いもの。しかしアロマテラピーのルーツはとても古く紀元前2000年頃にはこれに似た療法があったことも分かっています。医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想。日々の癒しだけでなく病気の治療にも効果があることが分かっているのでかなり奥が深いことが分かります。



アロマテラピー関連の情報収集

マガンダン ハポン!(タガログ語でこんにちはの意味です)。

アロマテラピーは身体に対する一種の化学反応になります。精油(エッセンシャルオイル)を構成する芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、心身の疾病の予防や治療を行う。Aromatherapyという言葉は、フランスのガットによって作られたギリシア語からの造語。しかしアロマテラピーのルーツはとても古く紀元前2000年頃にはこれに似た療法があったことも分かっています。現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。心も身体も癒されリフレッシュできるでしょう。


特に呼吸器系の病気にはかなりの効果があることが確認されているので興味のある方は一度試してみるとよいでしょう。アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルは植物から取られるものが多いためその種類は何万種類に及ぶとも言われています。イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。古くから香りと私たちの心には密接な関係があることが分かっているのでアロマテラピーが確立されていったのでしょう。香りを鼻から吸い込むことで呼吸器に働きかけ、またマッサージなどで毛穴から精油を取り込むことで身体全体にその効果をまんえんさせることが出来るのです。


医療的なアロマテラピーは、精油を使用したものに限定される。又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提。フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いもの。目に見える効果ではないのでこの療法が確立されたのは最近のことになります。


日本においても源氏物語の時代から臭いをモチーフにした独特の世界があった事がわかっています。日々の癒しだけでなく病気の治療にも効果があることが分かっているのでかなり奥が深いことが分かります。芳香浴、マッサージ、湿布、アロマバス、内服等の使用方法がある。医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想。日本語では、「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法。



アロマテラピーの最新NEWS

アロマテラピー について世間では色々な情報やうわさが飛び交っていますね。

体調や精神のバランスは日々変わりますから、合う香りも日々変わることはおかしいことではありません。アロマテラピーで使うのは植物の香りです。いい香りを嗅いで、なんだかいい気分になったり、逆に嫌いな香りを不意に嗅いで、ため息が出てしまうことって日常生活でもあります。植物がもたらす恵みを、体感できるのもアロマテラピーの魅力です。人が勧めても、自分が心地よく感じなければ効果が大きく薄れてしまいます。香りを楽しむことはリラクゼーションやリフレッシュであり、その成分に含まれる作用は心身のバランスを整えてより健康に過ごすに手助けをしてくれます。

とかいつものようにアロマランプを付けてみたら「今日はこの香りが鼻に触って、すぐに香りを変えてしまった」とか実はこういうことは良くある話です。例えば、小さな子供を抱えて毎日忙しく世話をするママが疲れて気分転換にタバコを一服するより、一滴のアロマオイルをアロマランプに灯すほうが健康的にも、精神的にも、同じ短時間でも落ち着けることでしょう。そして癒された心は、優しい気持ちとなって子供たちにも笑顔をもたらします。心が豊かになれば、自分だけでなく、自分を取り囲む人たちへの応対もおおらかになります。仕事で忙しい時でも、ティッシュに1滴好きな精油を染ませて机に置いておくだけで、効率が上がったり、ミスが減るというデータもあります。アロマテラピーの目的は、リラクセーションやリフレッシュに役立てる、美と健康を増進する、身体や精神の恒常性の維持と促進を図る、身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す、などがあります。

香りが心に届ける効果は大きなものです。例えば、お店に精油を見に行って「今はこの香りが欲しいのだけど、先週は全くいい香りと思わなかった」。アドバイスを受けながら、自分が心地よい、好きと感じる香りを素直に選ぶことが一番大切です。香りというのはどこか私たちの体に作用しているということはこのことからも感じられます。このような作用を利用して、毎日を豊かに、健康的に過ごそうという療法がアロマテラピーなのです。体と心は本能的に欲しい香りを求めます。

話を聞かないのが正しいということではありません。アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。それぞれの精油にはそれぞれの効果があって本ばかり見て、コレだからコレと決め付けて、成分の丸暗記で使うよりも本能的に欲しい香りを見つけることが効果を実感できる一番の近道です。その香りは人間に色々と働きかけ、そして効果という形で恵みをもたらしてくれます。逆に、後からその精油の成分を調べてみると、その時の自分の体調にズバリと的中することもあって驚かされます。



アロマテラピーとは

mil30076-s.jpgアロマテラピー(芳香療法)とは、ハーブ(薬用植物)や果実などから抽出した100%天然のエッセンシャルオイル(天然植物精油、略して精油)を暮らしの中で美容や健康に役立てることをいいます。自然志向や健康に対する関心が強まる中、安全でしかも実用性とファッション性を兼ね備えた手軽な美容健康法として、アロマテラピーは我が国だけでなく、フランス・イギリス・ドイツ・アメリカなどでも注目をあびています。